美容と健康はあなたの人生を豊かにするエッセンス

menu

Beauty Hacks - 美容&健康情報の厳選書評ブログ

1日のスタートダッシュは食事で決まる!人間にとって最高の栄養素は果物だった!?

140927_456

こんにちは。車が急にパンクしてなんだかんだで2時間も時間をロスしてしまったアンナです。

さて、前回の記事「食べ物を2種類に分けて考えよう!胃腸にもっとも負担の少ない消化吸収の原則とは?」では、でんぷん質食品とタンパク質食品に分けて食べることで、カラダのエネルギーの消耗を防いでくれるという内容でした。

そこで今回もカラダのエネルギーを消耗しない食事法についてお伝えしていこうと思います。あなたにも経験があると思いますが「午前中からだるさが抜けず、やる気が出ない」といった不快感を感じている人も意外に多いんじゃないでしょうか?

そういった症状にはいろんな原因が考えられるので一概には言えませんが、もしかしたら朝食の摂り方に問題があるのかもしれません。しっかりとカラダの周期に合わせた食事法を実践していれば、午前中だけじゃなく1日中エネルギーに満ち溢れている生活を手にすることも夢ではないでしょう。

ということで、ハーヴィー・ダイアモンドの著書「ナチュラルダイエット」から、人間にとって最高の栄養の摂り方についてまとめていきたいと思います。

果物でお腹を壊すのはなんで?

以前の記事で生の果物は「生命力のある水」を摂取するために必要だというお話をしましたが、なかには果物を食べるとお腹を壊してしまうという人もいるかもしれません。

実は、お腹の具合が悪くなってしまうのは、果物に問題があるわけではなく「食べ方」に問題があったんです。

そもそも果物は人間にとって唯一、胃の中で消化しなくてもいい食べ物です。すべての食べ物は胃の中で消化する必要があるんですが、果物だけは例外で自身の消化酵素の働きで15~20分で胃の外に出ます。

ですから、果物を食後に食べてしまうと胃をスムーズに通過できなくなってしまい、消化できない果物は様々な悪さをするようになるんです。果物を食べる時は「空腹」が基本だということを覚えておいてください。

最高の栄養素は新鮮な果物から!

どの果物も優れた栄養をいくつも持っています。

  1. 成分の90%は生命力のある水からできている
  2. 消化にほとんとエネルギーを必要としない
  3. カラダに必要な五大栄養素を兼ね備えている

つまり、私たち人間にとって本当の意味で「完全栄養食」といえるのは果物だけです。ただし、ここでいう果物は新鮮な生の状態のもので、熱処理や加工したものは含みません。

市販されているフルーツジュースもほとんど熱処理しています。濃縮還元ジュースも強酸性で胃を荒らす可能性があるので注意が必要です。

しかし、熱処理したり加工した果物がカラダに悪いといっているわけではありません。カラダの中をキレイにして、エネルギーを補充する目的で栄養をとるなら、新鮮な果物が最適だということです。あくまでも柔軟に取り組むことが長続きさせるポイントです。

1日のスタートダッシュは食事で決まる!

人間にとって睡眠が一番の疲労回復法ですから、1日のうちでもっともエネルギーがみなぎっている時間帯は「朝」です。しかし、食べ物の消化ほどエネルギーを消耗する活動は他にありません。

ですから、朝ご飯を食べてしまうと、せっかく一晩寝て蓄えたエネルギーを、消化のために使ってしまうことになるんです。

今までの常識では「朝食をしっかりとる」ことが基本とされてきましたが、ナチュラルダイエットでは「朝食は果物だけ食べる」ことを推奨しています。実際に試してみるとわかりますが、午前中の眠気やだるさが一切ありません。

もし、空腹を感じるようなら、食べる量を増やしても構いません。朝食から時間が経って空腹を感じるようなら、また果物を食べても大丈夫です。

朝食を果物に置き換えるメリット

健康と減量は「朝食を果物に置き換える」というだけで、簡単に手に入れることができます。実際にどんなメリットがあるのか見ていくことにしましょう。いくつか挙げてみましょう。

  • 食費を減らすことができる
  • 肉体的苦痛から解放される
  • 全身にエネルギーが満ち溢れる
  • 肥満者でも無理なくダイエットできる
  • リバウンドの心配がない
  • カロリー計算をする必要がない

ナチュラルダイエットというだけあって、無理せず自然に減量できる方法だと思いませんか?リバウンドの心配がなければ、今まで何度も挫折してきた人もまたチャレンジしようと感じるかもしれませんね。

午前中に果物を食べるメリットの根拠とは?

実は、午前中を果物だけで過ごすという理由にはしっかりとした根拠があります。科学的にも研究が進んでいる「サーカディアンリズム」と呼ばれる考え方で、動物、植物、菌類、藻類や、宇宙に存在するものは周期的に動いているというサイクルを言います。

消化についても同じように8時間周期で3つのサイクルを繰り返しているんです。

【摂取のサイクル】
正午から夜の8時くらいまでは、食べ物を消化する機能がもっとも活性化する
【吸収のサイクル】
夜の8時から朝の4時くらいまでは、食べ物の栄養をもっとも効率よく吸収する
【排泄のサイクル】
朝の4時から正午くらいまでは、毒素や老廃物をもっとも効率よく排泄する

このように食べ物の排泄にもっとも適した時間帯は朝の4時から正午くらいです。ところが今までの生活スタイルのように朝食をしっかり摂ると、たくさんのエネルギーが消化に使われてしまい、効率的に排泄できなくなってしまうんです。

一週間だけでも排泄のサイクルを乱さないように生活を改めるだけで、今までたまっていた体内の毒素をカラダの外に出すことができます。できる時だけで構いませんので、ぜひ朝食を果物に置き換えてみてください。

まとめ


ナチュラルダイエット―必要なのは3つの食習慣だけ
著者:ハーヴィー・ダイアモンド

実際にわたしも朝は低速ジューサーで絞ったニンジンリンゴジュースだけを飲んでいますが、以前に比べると体調がよくなり、飽きっぽい性格にしては続けている習慣になっています^^;

朝食の摂り方については賛否両論ありますが、朝食を果物に置き換える方法を1週間だけ試して、自分のカラダで効果を確かめてみてください。1週間だけなら特にカラダに悪影響があるわけじゃないので、気軽に始められるんじゃないでしょうか?

もしかしたら、今までの体調不良があっという間に改善することも夢じゃありません。人生を大きく変えるきっかけを手にすることができるなら、やならい手はないですよね。

それではまた。

関連記事

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

おすすめ情報