美容と健康はあなたの人生を豊かにするエッセンス

menu

Beauty Hacks - 美容&健康情報の厳選書評ブログ

本当にカラダが求めてる水とは?自然の法則から読み解く正しい水の摂り方

140925_541

こんにちは。大量のトウモロコシをいただいたので、手作りコーンポタージュを作ったら家族みんなに大好評だったアンナです。

さて、前回の記事「脂肪とコレステロールを理解しよう!中国健康プロジェクトでわかった飽食病を防ぐ食生活とは?」では、心臓病、ガン、糖尿病、骨粗しょう症、肥満などの病気は食生活を見直すことが一番の改善策であるという内容でした。

今回はカラダの代謝に深く関わっている「水」についてお伝えしていこうと思います。健康のためには1日大量の水を飲めばいいという情報も目にしますが、実はただ水を飲めばいいという話ではありません。

ということで、ハーヴィー・ダイアモンドの著書「ナチュラルダイエット」から、自然の法則から読み解く正しい水の摂り方についてまとめていきたいと思います。

本当にカラダが求めてる水とは?

私たちの住んでいる地球の70%は水でできていて、カラダの70%も水分です。もし、そうした普遍的の法則があるなら、一生で摂取する70トンもの食べ物についても、70%は水分を多く含む食べ物であるべきです。

栄養素を細胞に運び、老廃物を排出してカラダをキレイにしてくれるのも、すべて水のおかげです。しかし、カラダの中をキレイにするためには、水道水やミネラルウォーターを飲んでも意味がありません。

カラダの中をキレイにしてくれるのは植物に含まれている生命力のある水です。つまり、私たちが食べるものの70%は「生命力のある水を含んだ植物性食品」を摂取することなんです。

肉食動物も生命力のある水を摂っている!

生命力のある水は新鮮な生の果物や野菜に含まれていて、カラダの中の汚れを洗い流す働きがあります。しかし、現代人は生の野菜や果物はほとんど摂らず、加熱調理して水分を飛ばしてから食べることが多いですよね。

自然界の野生動物も「生命力のある水」を必ず摂取しています。そういうと肉食動物は肉しか食べていないと反論されそうですが、実はライオンやチーターもしっかりと「生命力のある水」を摂っているんです。

自然界の法則では肉食動物は肉食動物を食べません。肉食動物は草食動物を襲って食べる時、まず腸の中にある草から食べるんです。その草には「生命力のある水」が含まれていて肉食動物を健康に保つ体内環境を作っているんです。

生きている限り毒とうまく付き合っていく!

当然、生きていると毒素や老廃物を生み出してしまいます。食べ物がすべて利用されることはないので、何かを食べると必然的に老廃物ができます。

また、私たちのカラダは常に細胞分解を行っていて、人体にある100兆個の細胞は1日で3000~5000億個の細胞を失っているんです。そういった細胞を分解した結果、カラダの中に毒が発生しますが、放っておいても毒素を排出しようとする機能がカラダには備わっています。

しかし、私たちはそういったカラダに備わっている排出機能を手伝ってあげる必要があるんです。それが「生命力のある水」を摂取するという本当の意味です。

今日から自分の食事を見直して、生命力のある水を含む食べ物が全体の70%を占めているかチェックしてみてください。残りの30%は今まで通り、好きなものを食べてもいいんですから、そんな無理な話ではないでしょう。

まとめ


ナチュラルダイエット―必要なのは3つの食習慣だけ
著者:ハーヴィー・ダイアモンド

さて、実際に自分の食生活を見直した時に、生の野菜や果物がどれだけ食卓に並んでいるか想像してみてください。ほとんどの人が生の食材をあまり摂取していないのではないでしょうか?

生の食材には最近話題になっている「酵素」が豊富に含まれています。加熱してしまうと酵素も壊れてしまいますから、なるべく新鮮な食材を生のまま食べるのがいいと言われていますよね。

水分もカラダの代謝に深く関わっていますので「ミネラルウォーターを飲んでいるから大丈夫」とは思わずに、なるべく食事から生命力のある水を摂取するようにしていきましょう。

それではまた。

関連記事

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

おすすめ情報